ハーブ

育てやすさ抜群のハーブ チャイブの育て方を解説

  • お庭でキッチンハーブを育ててみたいんだけど、どんなハーブがおすすめ?
  • ガーデニング初心者でも簡単に育てられるハーブを教えてほしい!

そんな方におすすめの記事です。

今回は、以前バッグ栽培の記事でコラボさせていただいた、ブロガーの「ゆるガーデン」を運営されているゆーすけさんとのコラボ企画第二弾の記事となります

ゆーすけさんについて
  • ガーデニング歴3年
  • 庭師のもとで修業
  • ユーザー目線でガーデニングの面白さを伝えるブログ「ゆるガーデン」を運営されています。

ゆーすけ

今回も”こぶたのおへや”さんとコラボできるのがとても楽しみです♪

コラボ企画の第二弾となる今回のテーマはずばり

「ガーデニング初心者にもおすすめの多年草をご紹介」

となっております。

お題を二人で考えて共通のテーマを決めて、それぞれのブログでそれぞれのおすすめ植物をご紹介するといった企画です。

ゆーすけさんは、ガーデニングの経験がない方にも気軽にガーデニングに興味を持ってもらうことを大切にされているブロガーさんです

ガーデニング経験0→1を開拓するというステキな考え方をお持ちで、私も記事を読み勉強させていただいています

私は、この考え方に非常に感銘を受けました。

私のブログはどちらかと言うと、既にガーデニングを始めている方が役に立つような記事を書くことをコンセプトにしています

「ゆるガーデンさん」と比較すると、1→10にするタイプの記事を書いているブログです

今回は、是非ともゆーすけさんの考えるコンセプトで記事を書いてみたいと考え、2度目のコラボをお願いしました。

そこで、今回の私の記事では、ガーデニング未経験者・初心者や栽培に自信がない方にも自信を持っておすすめできるキッチンハーブをご紹介させていただきます!

ゆーすけ

僕もこぶたさんの丁寧な解説を見ていつも勉強させていただいてます!

今回、同じテーマでそれぞれの視点で記事を書くことで、読者の皆さんにも面白い内容になっていると思います♪

⇒ゆーすけさんのコラボ記事はこちら

筆者について
  • 植物の栽培に携わる仕事に就いて13年
  • ガーデニング歴20年以上
  • 100種以上のハーブの栽培経験あり

仕事趣味の両面から植物を触っている経験から植物の正しい知識を発信します。

今回は

  • ガーデニング未経験者
  • ガーデニング初心者
  • 植物の栽培に自信のない方

こういった方でも「安心して育てることができる」を第一のコンセプトにしてハーブをご紹介します。

本日の要点
  • ご紹介するハーブはずばり「チャイブ!
  • チャイブは「エゾネギ」、ネギと同じ香りで使いやすい!⇒花もきれいで葉は何度でも収穫できる
  • チャイブはハーブの世界で最も育てやすい植物ほったらかしでも毎年収穫できる!
  • 元気なチャイブを維持するための育て方を幅広く解説

「チャイブ?なにそれ聞いたことないんだけど…

という方も大丈夫です!

この記事を読めば、誰でも上手にチャイブを栽培することができます

それでは、解説していきます。

チャイブはとにかく育てやすいハーブ

ゆーすけさんとテーマを決めた後、皆さんにどんな植物をご紹介しようかなと悩みました。

私が考えるコンセプトとしては

コンセプト
  • 初めて植物を触る人でも栽培できて、とにかく管理がラクな植物
  • 長いシーズン楽しめる植物
  • 見るだけではなく、五感を使って楽しめる植物
  • ガーデニングの管理の基礎を学べる植物

このあたりに条件を設定して植物を考えました。

そこでたどり着いたのが「ハーブ」です。

キッチンハーブ栽培は、鑑賞するだけでなく味や香りを楽しみながらガーデニングのことも楽しく学べます

ハーブ栽培に興味はあるけど、一歩が踏み出せない…

という方の多くは

  • 育てやすいハーブが分からない
  • ハーブの育て方が分からない

といった壁にぶつかってしまい、なかなか一歩を踏み出せないのかなと感じています。

ゆーすけ

僕も同じ悩みをもっていました。ハーブはとても種類が多くて、何から選んでいいのか、何が簡単なのか分からなかったんですよね

そこで、これまでたくさんのハーブを栽培してきた経験から、栽培が一番簡単な植物をご紹介しようと決めました。

堂々の第一位に輝いたのが『チャイブ』です!

チャイブはネギの仲間

チャイブといわれても…

なかなか聞きなれない名前ですよね。

どんな植物かイメージできない方も多いのではないでしょうか。

  • チャイブネギの仲間で、和名は「エゾネギ」といいます
  • ネギとよく似た香りなので、小ネギの代わりとして使える優秀なキッチンハーブです

普段ネギを使う方であれば、植えておいて損はない植物です。

ゆーすけ

チャイブは完全にノーマークでした!ネギのように使えるってとても便利そう!

チャイブの育て方

とにかく栽培が簡単とおすすめしたチャイブですが

簡単って、どのくらいカンタンなの?

と、気になっている方もいらっしゃると思います。

正直なところ、チャイブは「一度植え付けてしまえば、あとは水と肥料をあげるだけ」で何年でも生き続けます。

栽培が簡単なことで有名なハーブにミントの名前がよく挙がります。

ミントは生育旺盛がゆえに、すぐに鉢の中の根や芽がいっぱいになってしまうため、目詰まりを起こしてしまいます

意外と頻繁にメンテナンスをしなければいけません。

チャイブはそれほど頻繁にメンテナンスすることもありません。

また、一年草のように枯れることもありません。

チャイブは数年間メンテナンスフリーでも生きることができます。

好きな時に収穫するだけでOKという、何とも都合の良いハーブです

そんなチャイブも、メンテナンスをすればさらに元気に、立派に育てることができます。

特別に難しい管理は一つもありませんので、以下の方法でチャイブを上手に育ててみましょう。

ゆーすけ

ネギのように使える上に、ガーデニングの演出として使えるんですね。味も良し、見た目も良しなんて素晴らしいですね!

チャイブの植え付け

チャイブはとても強い球根の植物です。

鉢(プランター)でも地植えでも元気に育ちます。

上の写真のように、何本か束にして植え付けるとボリューム感が出ます。

どんな土でも比較的よく育ちますが、水が多い環境は少し苦手です。

そのため、植え付けにはできるだけ水はけの良い土を選びます

初心者の方は鉢植えにして、「ハーブの土」などに植え付けるのがおすすめです。

もちろん、自分で土作りをして苗を植え付けてもOKです。

赤玉土腐葉土を組み合わせるだけで、園芸の世界ではとても優秀な土が簡単に作れます。

チャイブはもちろん、多くの植物に使えるとても良い土です。

▼土作りについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

プロも使用するガーデニング用土の作り方

チャイブの水やり

チャイブはデリケートなハーブではありませんが、多湿な環境はあまり得意ではありません

つまり、水のやりすぎには弱い植物です。

ずっと鉢の中が湿っている状態にしておくと根腐れを起こす場合があります

水やりでコントロールするのではなく、まずは水はけの良い土を選んで育てることが大切です。

大事なのは土ですね!

▼過湿に弱い植物と付き合う前に読んでみてください

水やりに弱い植物を育てる工夫

チャイブの肥料やり

fertilizer

チャイブは葉を収穫すると、次々とまた新しい葉が出てきます。

元気な葉をどんどん出させるために、肥料は常に切らさないようにしておきましょう。

「緩効性肥料」というタイプの粒状の肥料を置いておけば、徐々に肥料の成分が溶けだして、長い期間肥料の効果が続くので、おすすめです

また、長期間の栽培では油かすなどの「有機質肥料」を入れておくと、土壌改良の効果があり、健全な苗が育ちやすくなります。

肥料なんて良く分からない!という方はこちらをご覧ください。

肥料の種類や効果を詳しく解説

チャイブの収穫

チャイブは葉を収穫すると、またすぐに次の葉が出てくる便利なキッチンハーブです。

こまめに収穫した方が葉も硬くなりにくいため、テンポ良く収穫していきましょう

ただし、注意点が1点あります。

それは、収穫のときに「成長点」を切らないようにすることです。

成長点とは
  • 葉や茎を伸ばすときに、起点となる部分
  • 茎や葉が出てくるもとの部分

成長点を切ってしまうと、新しい葉はもう生えてきません。

チャイブは球根の先端(=葉の付け根)に成長点があるため、収穫のときに葉を少しだけ浅めに切るようにしましょう。

春先にはが咲きます。

チャイブの花を楽しみたい場合は、花が咲くまでは葉の収穫をひかえます

花を楽しみ終わったら、花と葉を一旦切り戻せばすぐに次の葉が出てくるので、再びキッチンハーブとして楽しむことができます。

チャイブのメンテナンス

チャイブは、栽培を続けていくとだんだん球根の数が増えていき、鉢の中で領土を広げていきます。

あまりにも鉢の中が球根でいっぱいになってしまうと、目詰まりを起こして生育が悪くなってしまう場合があります。

数年に一度は植え替えをして、球根の数を減らして植え替えをすることで、株をリフレッシュしてあげましょう

▼チャイブの植え替え方法を詳しくまとめた記事はこちら

増えすぎたチャイブの植え替え方法

▼さらに球根を増やしたい方は株分けをしてみましょう

チャイブの株分け方法

まとめ

いかがでしたか?

本日は育てやすさ抜群のハーブ「チャイブ」の育て方についてご紹介しました。

本日のまとめ
  • チャイブはハーブの世界で最も育てやすい植物の一つ
  • チャイブは「エゾネギ」、ネギと同じ香りで使いやすい!
  • 花もきれいで葉は何度でも収穫できる!
  • ほったらかしでも毎年収穫できる!
  • メンテナンスをすれば、さらに元気なチャイブを楽しめる!

ガーデニング未経験者でも、チャイブは自信を持っておすすめできるハーブです。

これまで、仕事と趣味で様々な植物を栽培してきましたが、ここまでメンテナンスを必要としない植物は意外と少ないです

ホームセンターやオンラインショップでも簡単に苗を購入することができますので、ぜひチャイブを育てて、ガーデニングやハーブの世界を楽しんでみてください

ゆーすけ

僕もあまりチャイブを知りませんでしたが、これを見て植えたくなりました!早速、園芸店に行ってこなきゃ!

▼プランター栽培のポイントを解説した記事もご用意しています

プランターを使ったチャイブの育て方

それでは、また次のお部屋でお会いしましょう。

▼チャイブ以外にもおすすめのハーブはたくさんあります

以下の記事では育てやすくて、味や香りも楽しめるおすすめハーブをご紹介しています

ぜひ色々なハーブを育ててみてください!

植えっぱなしOKのおすすめハーブ7選

500円で楽しめるお花の定期便「bloomee」をはじめませんか?

私はかつて花業界で仕事をしていたのですが、そのコストパフォーマンスの良さから、このサービスを選び、楽しんでいます

  • 「bloomee」ってどんなサービス
  • 体験談を教えて欲しい」

▼少しでもご興味があればぜひ記事を覗いてみてください

bloomee体験談

家に花束が届く楽しみを、あなたも一緒に体験しませんか?