ハーブ

タイムにおすすめの土は?初心者でもできる配合の方法を紹介

  • タイムにおすすめの土を知りたい
  • ハーブを栽培するための土を自分で配合してみたい

そんな方におすすめの記事です。

タイムは多くのハーブの中でも、非常に湿気に弱いタイプのハーブです。

仕事柄、多くの方から「タイムを枯らしてしまった」というお声をいただきますが、そのほとんどの原因が過湿によるムレ根腐れによるものです

しかし、中には「水やりを控えていたのに枯れてしまった」という方もいらっしゃいます

  • 水のやり過ぎで枯れる
  • 水を控えても枯れる

何やら矛盾しているように感じますが、これにはちゃんと理由があります。

水やりを控えて土が乾き過ぎた場合、根はダメージを受けます

損傷した根は水を上手に吸い上げられず、結果的にタイムが枯れてしまうというケースが非常に多いのです。

これまで多くのタイムを栽培してきましたが、上のような「土が乾くまで水やりを控える」という発想は必要ないと考えています

それよりも、「毎日水やりしても、翌日にはしっかりと乾くような土を準備する」ことの方がタイムの栽培には重要なことなのです。

これまでの栽培経験上、毎日のように水やりしてもサッと水が抜けてくれるような土にタイムを植えてあげることができれば、タイムが枯れるリスクを大きく下げることができます

本日は「タイムと相性の良い土の配合方法」と「水やりの方法」について解説していきます。

本日の要点
  • タイムに適した土はカンタンに配合できる(レシピあり)
  • 水はけの良い土に植えればたっぷり水やりをしてもOK
  • 土の乾かしすぎは根を傷めるのでNG
  • 肥料を使って健全な株を育てることも重要

記事の信頼性(筆者について)
  • 植物の栽培を仕事として経験している夫婦が解説
  • 100種類以上のハーブの栽培を経験
  • ガーデニング歴は夫婦ともに20年以上

仕事と趣味で植物を触っている経験を活かして植物の正しい情報を発信します。

タイム栽培に適した土の配合

ハーブにはタイムをはじめとする過湿に弱い植物が多く存在します。

こういった植物に他の草花と同じ土を使うのはナンセンスです。

「どんな植物にも同じ土を使い、水やりの量で調節する」という考え方ではなく、

それぞれの植物に合った土を使って、水やりは出来るだけ一定に」してあげる方が結果的に管理も楽で植物の生育も圧倒的に良くなります。

そんなこと言われても、1つ1つの植物に違う土を用意するのなんてムリ!

多くの方がそう感じると思いますし、私もそこまで厳密な調整をしていません。

そこで、はじめに「どんな植物にもオールマイティーに使える鉢植え用の土」の配合方法をご紹介します。

今回のタイムはこのオールマイティーな土に1つだけ別の土(軽石)を足した「水はけの良い土」を配合して使用します。

地植えで栽培される方は、お使いの土の中に軽石を混ぜ込むことで水はけを大幅に改善することができます。

赤玉土と腐葉土を配合

まずは様々な植物に使える園芸の基本の土を作っていきます。

用意するのは「赤玉土(小粒)」と「腐葉土」という土です。

この2つの土を7:3の割合で配合することで、園芸の世界ではプロも使用する非常に有名な万能の土が完成します。

水はけ(排水性)・水持ち(保水性)のバランスが良く、ほとんどの植物はこの土で問題なく栽培できます

また、それぞれの土は単価も安く、同量の園芸用培土を買うのとコスト的には変わりません。

これでベースになる土は完成しました。

万能の土に小さな軽石を配合して排水性アップ

pot-with-soil

タイムのように湿気が苦手な植物は、先ほど完成した万能の土に軽石を足して、水はけを良くした土に植え付けるのがおすすめです。

軽石は、パーライトゼオライトボラ土(ひゅうが土)などがおすすめです。

いずれかの軽石を万能の土に少量混ぜます(10~15%くらい)。

これで水はけの大幅な改善が期待できます。

この土を使えば、たくさん水やりをしてもサッと水が抜けてくれるので、鉢の中が過湿になることはありません

鉢の中の土が乾くまで無理に水やりを控える必要もないため、管理がとても楽になり、タイムの根に負担がかかる心配もありません。

配合した土を使えばタイムの水やりはカンタン

配合した「水はけの良い土」にタイムを植え付ければ、無理に水やりを控える必要はありません

軽石を入れたおかげで適度にすき間ができる構造になっていて、排水性と通気性のとても良い状態が保たれています。

また、土の隙間から空気も入るため、充実した根が張り、地上部も旺盛に生長していきます。

水はけの良い土を使えば、水やりの量を増やしても不要な水は下から抜け落ちていきますので、鉢の下から水が出てくるまでしっかりと水やりすることを心がけましょう

中途半端な水やりをすると、鉢全体に水が行きわたらず、根が乾いてしまう部分が出てきます。

一度根を乾かしてしまうと、根が損傷し水を吸い上げる力が弱まるため、結果的にタイムが枯れてしまうことにつながりますので、水やりの量を控えることは避けましょう。

水はけの良い土を使って、しっかりと水やりをするのがタイムの上手な栽培のポイントです。

配合した土と肥料を併用する

fertilizer

良い土に植え付けて、水だけ与えていてもタイムは元気な株に生長しません。

肥料を与えることで、はじめて生長に欠かせないエネルギーを補うことができます。

鉢の中に固形肥料を置いておくか、定期的に液体肥料を与えて株を充実させることも上手にタイムを育てるポイントです。

土を配合したら、忘れずに肥料を使うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

本日はタイムに適した土の配合の方法と、土に合わせた水やりの方法について解説しました。

本日のまとめ
  • 水はけの良い土は【赤玉土+腐葉土+軽石
  • 地植えの場合は軽石を混ぜ込むことで水はけが良くなる
  • 水はけの良い土に植えればたっぷり水やりをしてもOK
  • 乾かしすぎは根を傷めるのでNG
  • 肥料を使って健全な株を育てることも重要

タイムはにデリケートな植物です。

  • 水のやり過ぎによる根腐れ
  • 水の控えすぎによる根の損傷

いずれもタイムが枯れる原因となります。

しかし、これらは水はけの良い土に植え付けることで解決が可能です。

水はけの良い土を使えば、たっぷりと水やりをしても余分な水が土の隙間から抜け落ちていくため、無理に水を控える必要はありません

タイムの栽培に適した土を配合して、元気なタイムを育てましょう。

▼タイムの育て方を幅広く解説した記事も用意していますので、ぜひ参考にしてください。

タイムの上手な育て方

▼タイムを栽培していると必ず直面する木質化の対処法もご紹介しています。

タイムの木質化の対処法

栽培のポイントをおさえてタイムを楽しみましょう!

▼タイム以外にもおすすめのハーブはたくさんあります

以下の記事では育てやすくて、味や香りも楽しめるおすすめハーブをご紹介しています

ぜひ色々なハーブを育ててみてください!

植えっぱなしOKのおすすめハーブ7選

それでは、また次のお部屋でお会いしましょう。